平成28年度技能承継実践塾 オフィシャルサイト      2017/3/18

 更新

 STEP3 塾生募集チラシは→こちら
 お問い合わせは
  堺市産業振興センター 経営支援課まで Tel 072-255-6700

 このサイトでは技能承継実践塾の活動を紹介していきます。
 技能伝承を進める方々への情報を提供します。

 
受講者向け専用サイト
  

 塾生の学習を支援するツールや学習資材を提供します。
 塾生の職場の技能伝承を応援します。
 塾生同士の交流を図ります。
  NEWS            ■技術・技能教育研究所オフィシャルサイトは→こちら



  3月16日、ステップ3の第7日は塾の最終日となり、午前は修了試験を口頭試問によって行いました。
午後は報告会のプレゼンのリハーサルをして、午後3時から報告、参加者は20名程度。
「堺市技能承継モデル企業の認定証」が村上社長に授与され、2人のマイスター候補には「STEP3修了証」が授与されました。
報告会では関心が高く、様々な交流が深められました。
なお、「技能承継マイスター認定証」はこれから6か月間のフォローアップの後に授与される予定です。





2月9日、ステップ3の第6日はすべてのプログラムとテキストの整合性、内容の妥当性を検討した。使い物になるかどうかが判断基準である。
また、現在トライアルを実施中であるので、その内容を精査した。
次回は最終回である。報告会のプレゼン資料の作成をした。これによってトレーナーズマニュアルが完成できた。
今回のトレーナー候補は2名の予定で進められており、それぞれの報告会での役割分担を設定した。


1月17日、ステップ3の第5日は完成したテキスト、技能マニュアルのチェックと修正を行った。これらの完成によって訓練プログラムの検討ができる。
これまで20日程度要していた技能習得の期間を、今回の取り組みでは半分の10日程度で行うように計画した。
1月にトライアル訓練を実施して結果・効果の検証をする予定である。


12月5日は完成した技能分析表の最終チェックです。次回1月までにこれらを整理してすべての教材を完成させます。




11月11日はテキスト教材の構成を能力項目表を基にして作成しました。
下のような6つの構成を計画しています。この他に技能マニュアルを予定しています。

この日は写真にあるように熟練者へのインタビューをもとに技能分析表を作成しました。


10月12日13日は早速、クドバスを実施して「きさげ作業者に求められる能力一覧」を作成しました。
    また、11月に向けて、動画ビデオ撮影の打ち合わせを現場で行いました。最終的に何が成果として得られるかについても合意を得ました。

    ※村上精機株式会社ホームページは→こちら きさげ教育は→こちら




  STEP3は村上精機株式会社で実施することが決まりました。精密機械の製造メーカーです。
    これまでも技能伝承に積極的に取り組んでおり、さらに磨きのかかった内容にすべく参加することになりました。
    第1日・第2日は10月12日と13日で、課題を整理して日程計画を確立する予定です。
    また、クドバスによって教育内容を整理し、暗黙知の所在を確認します。


  STEP3の日程と内容は下記を予定しています。実践の様子はこのニュースでお知らせしていきます。


 

  STEP2の日程と内容は下記を予定しています。
   技能伝承のトレーナーを養成するプログラムです。企業の中で明日から実践できる力を身につけることを目的にしています。
   技術・技能伝承の基本事項を演習を中心に学習します。演習を体験することで、伝承活動で必要なツールを習得します。
     8月23日(火) 9:30〜17:30  @暗黙知の所在明確化作業、A技術・技能伝承計画の作成
     9月01日(木) 9:30〜17:30  B暗黙知明確化の実際、C技術・技能伝承教材(技能マニュアル)の作成
     9月13日(火) 9:30〜17:30  D技術・技能指導の方法演習
   ※STEP2 の参加者全員に森・河村著「能力開発の実践ガイド」を進呈します。
   ※STEP2 塾生サイトでは技能伝承ツールの資材、ソフトウエアを提供します。
   ※STEP2 募集チラシは→こちら
     



 塾講師を紹介します。

 森 和夫氏

 (技能承継塾 STEP1,2,3 を担当)
○専門分野は職業能力開発、産業教育学、労働科学。主に技術・技能教育の指導者養成をテーマとして活動。ライフワークは技の上達、博士(工学)。研究開発成果に、「指導技術訓練システムPROTS」「職務分析手法CUDBAS」「技能分析手法SAT」「技術・技能伝承システム」「現場力向上NAVIシステム」などがある。○主な経歴は職業能力開発総合大学校教授、徳島大学教授、東京農工大学教授を経て、技術・技能教育研究所代表取締役。

 河村 泉氏

 (技能承継塾 STEP2,を担当)
○専門分野は現場の人材育成法の指導、生産現場の改善活動指導、製造プラントおよび社会インフラのメンテナンスの調査、地域振興の調査・支援 ○主な経歴は、理工系出版物の編集、製造現場の生産性向上に関する固有技術・管理技術の調査研究、地域振興策の策定支援、企業等における人材育成コンサルティング、団体及び企業での技能伝承セミナー講師など。所属は日本ビジネスプロセス・マネジメント協会。

 技能承継実践塾ステップ1の講義内容はビデオ収録をします。また、使用した教材も適宜提供します。    
     →ステップ2申込者で未受講の方はいつでも視聴できます


  STEP1セミナー募集は終了しました。STEP1では技能伝承概論を学びます。
第1日 7月1日(金)13:30〜17:30  @技術・技能伝承の必要性  A技術・技能伝承の課題と解決への道筋  B技術・技能伝承システムの構築
第2日 7月6日(水)13:30〜17:30  C暗黙知とは何か  D暗黙知明確化の取り組み


 技能承継実践塾は3ステップで構成します。
   ステップ1に参加しますと、自社の技能伝承を進める方針が立てられます。
   ステップ1とステップ2の合計5日間に参加しますと、自社の技能伝承を進めるトレーナーが育ちます。5日間を通しての参加をお勧めします。
   ステップ3はモデル企業で実践し、成果を出していきます。     
      

   STEP-1 技能伝承概論   2016/07     2日間

   STEP-2 技能伝承の基本 2016/08〜2016/09  3日間

   STEP-3 技能伝承の実践 2016/10〜2017/03  7日間