本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 


技能分析表の作成法





--------------------------------------------------------------------------------------------






--------------------------------------------------------------------------------------------






--------------------------------------------------------------------------------------------


技能分析表の例「半田付け技能」



--------------------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------------------



--------------------------------------------------------------------------------------------



技能分析表の例「鉛筆削り」


鉛筆削りで、このことを適用してみると下記のようになる。ベテランはこの内容が頭に入っていて、しかも自然に体が動くようにできている。時に自然に手足が動くために無意識で行っていたり、カン・コツに気づかずに作業しているものである。工程別技能分析表の左の欄にある内容で動いている。この右側の欄に記載してあることは意識しないで作業しているものだ。だから、右欄をいかにして充実させるかが大切なことになるのである。初心者や未熟練者は右欄で仕事を覚えようとしているのである。




簡略タイプの技能分析表フォーム









図書「人材育成の見える化下巻」をご覧ください。
人材育成の「見える化」下巻 〜実施・評価編〜
【仕様】A5判/並製/約300頁、付録CD-ROM  定価:3,360円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Chapter 1 教育ツールのつくり方、使い方
Chapter 2 教材をつくる(プリント教材、プレゼンテーション教材、技能マニュアル)
Chapter 3 講義指導をする
Chapter 4 OJT指導をする
Chapter 5 技能指導をする
Chapter 6 技能教育道場をつくる
Chapter 7 付録「役立つ人材育成ツール集A」の使い方と実例