本文へジャンプ  本文へジャンプ


 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 



CiNii収録論文より



PDFは こちら


CiNiiは こちら

CiNii収録論文より  20190710現在
1 職場で実践しよう!「技」の見える化 (スキルアップ特集 「見える化」で組織が変わる・仕事が変わる) 森 和夫 ガバナンス (98), 47-49, 2009-06
2 「マレーシア産業界に応える職業訓練システム向上プロジェクト」で見えたこと(会員フォーラム) 森 和夫 産業教育学研究 41(2), 54, 2011
3 「歯学部学生からみた歯科医学教育」から考えること 森 和夫 , 八木 正樹 , 永山 健太郎 , 則武 加奈子 , 田中 麻衣子 日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 21(3), 236-241, 2005-12-20 参考文献2件 被引用文献3件
4 CUDBASの発展とその展望--職業能力評価の構造化と体系化に関する研究序説 森 和夫 職業能力開発研究 (16), 109-127, 1998 被引用文献1件
5 INTERVIEW 企業間の枠を超えた技術・技能伝承活動を目指して 株式会社 技術・技能教育研究所 代表取締役 森和夫氏 森 和夫 プレス技術 44(9), 1-3, 2006-08
6 アナログタスクとデジタルタスク:作業者の作業概念と機械系言語のはざまにあるもの 森 和夫 人間工学 29(Supplement), 30-31, 1993
7 クドバス手法を用いた理科教員に必要な能力の分析(教員養成,一般研究発表(口頭発表)) 佐藤 正行 , 奥田 宏志 , 西村 美東士 , 河村 泉 , 森 和夫 日本理科教育学会全国大会要項 (61), 333, 2011 国立国会図書館 デジタルコレクション
8 チュートリアル教育の改善に関する研究--チュートリアル教育導入のための学生ワークショップの試行とその成果 寺嶋 吉保 , 森 和夫 , 川野 卓二 [他] , 永廣 信治 , 佐野 壽昭 , 玉置 俊晃 チュートリアル教育は、少人数グループにチューターが付いて学生の自主的な学習を指導・促進する学習方法である。徳島大学医学部医学科では2001 年から導入して、3 年生の9 月から4 年生12 月までの47 週間行なっている。2004 年度で4 年目を迎えるが、学生が教員に学習課題を少なめに出して早く終了する傾向もみられ始めた。われわれは、こうした傾向を憂い、グループ学習の楽しさを体験させてからチュー … 大学教育研究ジャーナル (2), 26-35, 2005-03
9 ハイテク時代の技能労働:FAにおける手と物のインターラクション 森 和夫 人間工学 28(Supplement), 80-81, 1992
10 ベテランエンジニアから伝えておきたいもの 相緒 剛志 , 石井 真人 , 大橋 邦一 [他] , 森 和夫 ペトロテック = Petrotech 31(1), 2-15, 2008-01-01
11 モノづくり技能者の育成と熟練技能の伝承 組織能力向上に向け、経営戦略にどう位置づけるか (特集 企業競争力を高める技能者育成と技能伝承) 森 和夫 人材教育 16(9), 12-16, 2004-09
12 モノづくり職人と熟練と伝承方法 森 和夫 プレス技術 44(13), 53-59, 2006-11
13 リカレント教育ニーズに対応させる大学開放事業のあり方--徳島地域人材育成ニーズ調査結果の検討から 森 和夫 徳島大学大学開放実践センタ-紀要 12, 39-59, 2001-06
14 意見・提言 訪問看護師とホームヘルパーの業務を考える 片岡 雅美 , 森 和夫 月刊ケアマネジメント 14(11), 50-53, 2003-11
15 移動式クレーン運転技能の習熟過程 森 和夫 人間工学 20(Supplement), 80-81, 1984
16 家具木工技能者の熟練度と道具編成(研究発表A2,II.自由研究発表,日本産業教育学会第37回大会報告) 須藤 秀樹 , 森 和夫 産業教育学研究 27(1), 28-29, 1997
17 海外派遣職員報告(12)ブーゲンビリア輝く国に育つ、指導員教育のリーダーたち--グアテマラ共和国から世界へ情報発信する日をめざして 森 和夫 職業能力開発ジャーナル 47(4), 19-21, 2005-04
18 感覚運動系技能の習熟過程 習熟過程における作業者の意識構造の変化:習熟過程における作業者の意識構造の変化 森 和夫 , 菊池 安行 本研究では, サイクルタイムが短く, 短期間の訓練で習熟する技能の習熟過程において, 作業行動と作業結果に対する"作業者の自己評価と作業意識"の構造化過程を明らかにしようとした. 技能として電子機器のハンダづけ技能を対象とした. 被験者は研修生43名とし, 1日に6時間30分の訓練を5日間行い, 1日の訓練終了直後に自己の作業に対する評価と作業意識に関するチェックリストに記入させた. 解析方法はク … 人間工学 31(2), 131-139, 1995
19 感覚運動系技能の習熟過程に関する研究 (3):はんだ付け技能における能力構造化過程 森 和夫 , 菊池 安行 人間工学 28(Supplement), 228-229, 1992
20 感覚運動系技能の習熟過程に関する研究:はんだ付け技能における能力構造化過程 森 和夫 , 菊池 安行 人間工学 27(Supplement), 72-73, 1991
21 看護教育カリキュラムの変遷と看護婦の実態(研究発表C,II.自由研究発表,日本産業教育学会第38回大会報告) 村本 淳子 , 森 和夫 産業教育学研究 28(1), 38-39, 1998
22 看護婦の職業能力構造に関する研究(第1報) : 職業能力項目の抽出と職業能力プロフィールを中心に(研究発表C,II.自由研究発表,日本産業教育学会第39回大会報告) 森 和夫 , 村本 淳子 産業教育学研究 29(1), 32-33, 1999
23 看護婦の職業能力評価に基づく継続教育プログラムの編成(第4分科会 生涯学習制度,II.自由研究発表,日本産業教育学会第42回大会報告) 森 和夫 産業教育学研究 32(1), 41-42, 2002
24 企業の固有財産、技術・技能伝承への取り組み (特集 どう残す、どう伝える熟練技能) 森 和夫 商工ジャ-ナル 31(7), 14-17, 2005-07
25 機械加工技能の因子分析的研究 : 機械科訓練生の能力構造(測定・評価6-2,600 測定・評価) 森 和夫 , 手塚 太郎 日本教育心理学会総会発表論文集 17(0), 554-555, 1975
26 機械加工技能の因子論的研究(II):機械科訓練生の技能習得過程 森 和夫 , 手塚 太郎 教育心理学研究 32(2), 153-158, 1984
27 機械加工技能の因子論的研究:機械科訓練生の能力構造 森 和夫 , 手塚 太郎 従来の工業的技能に関する因子分析的研究の手続における問題点を検討し, 機械加工の技能遂行能力を因子論的に解明することを目的とする。被験者は職業訓練校機械科 (旋盤専攻) 訓練生 (2年生) 366名とした。テスト変数として技術的知識領域34, 技能領域11, 適性領域 9の54変数を設定し, 訓練修了時に実施した。得られた結果を解析I, IIによって検討する。解析I:結果の相関 … 教育心理学研究 25(4), 231-241, 1977
28 機械加工技能の因子論的研究-2-機械科訓練生の技能習得過程 森 和夫 , 手塚 太郎 教育心理学研究 32(2), p153-158, 1984-06
29 技術・技能継承 継続的な技術・技能継承活動へのアプローチ 森 和夫 電気協会報 (1000), 24-28, 2008-03
30 技術・技能伝承と人材育成 わが社の取り組み 2007年問題をどう乗り切るか : プレス技術編(第1回)中堅・中小製造業における技術・技能伝承の進め方 森 和夫 プレス技術 44(7), 49-54, 2006-06
31 技術・技能伝承と人材育成の考え方 (特集 技術・技能伝承と人材育成) 森 和夫 電気協会報 (1021), 14-18, 2009-12
32 技術・技能伝承に取り組む (特集 【教育/保全マネジメント】クドバス手法による技術・技能伝承) 森 和夫 プラントエンジニア 37(4), 33-38, 2005-04
33 技術・技能伝承のための技能分析とマニュアル構成の方法--訓練用技能分析法(SAT)の改訂とマニュアル作成法 森 和夫 職業能力開発研究 (18), 1-35, 2000
34 技術・技能伝承の現状と到達点--「技の伝承」から「暗黙知の管理」へ (特集 技術・技能伝承の現場は 今) 森 和夫 生産と電気 60(12), 3-9, 2008-12
35 技術・技能伝承を進めるには (特別企画 「2007年問題」と求められる技術・技能伝承) 森 和夫 型技術 20(10), 45-49, 2005-09
36 技術・技能伝承活動での問題とその解決--何が起きているか、どう解決するか (特集 技能伝承を支える取り組み) 森 和夫 産業訓練 53(8), 6-10, 2007-08
37 技術教育における作業段取り研究の展望(研究発表B2,II.自由研究発表,日本産業教育学会第37回大会報告) 土井 康作 , 森 和夫 産業教育学研究 27(1), 52-53, 1997
38 技能の起源と再現  職人の熟練技能と伝承 森 和夫 日本ロボット学会誌 23(7), 785-789, 2005
39 技能習熟における視覚情報に関する研究:被覆アーク溶接作業時の注視点移動とパフオーマンス 森 和夫 人間工学 24(Supplement), 238-239, 1988
40 技能習熟過程における作業プランと意識 : 学習者の実習記録の分析から 森 和夫 In general, it is said that a teacher grasps a learner's learning situation through the practice record of the learner and uses the information for training. However, past research has not clarif … 産業教育学研究 24(2), 1-9, 1994
41 技能伝承 研究開発における効率的な暗黙知伝承の勧め 森 和夫 研究開発リーダー 14(9), 45-53, 2017-12
42 給食調理サービス訓練におけるカリキュラム改善 : 変化に即応するカリキュラム改善システムの構築をめざして(創立40周年記念特集号) 松谷 由紀子 , 渋谷 久恵 , 山本 妙子 [他] , 平山 素子 , 新井 吾朗 , 森 和夫 今日の職業訓練における諸課題の1つは、その時代や社会状況を反映させて迅速に編成されるカリキュラム作成の過程である。我々は、このシステムを組み上げることを目的にし次の4つの方法を併用し研究を行った。(1)ニーズ調査、(2)現行カリキュラム分析、(3)調理作業者の能力分析、(4)調理操作分析 この結果、我々は社会的ニーズに応じて訓練できる6ヶ月程度でのカリキュラム改訂が実施できた。このシステムは調理作 … 産業教育学研究 30(2), 90-97, 2000
43 教授・学習7(646〜651)(部門別研究発表題目・質疑応答・討論の概念) 森 和夫 , 並木 博 , 藤谷 智子 , 久慈 洋子 , 松浦 宏 , 滝沢 武久 教育心理学年報 22, 48, 1983
44 訓練効果向上を実感するカリキュラム改善(1)職場調査から見た訓練カリキュラムの問題把握 (特集 第7回職業能力開発研究発表講演会) 新井 吾朗 , 森 和夫 , 松谷 由紀子 [他] 技能と技術 2000(2), 15-18, 2000-03
45 訓練効果向上を実感するカリキュラム改善(その2)職場が求める修了生像に適合する訓練カリキュラムの設定 新井 吾朗 , 森 和夫 , 松谷 由紀子 技能と技術 2000(3), 62-65, 2000-05
46 経営戦略に基づく技術・技能伝承 (特集 配管技術者になる) 森 和夫 配管技術 51(1), 75-79, 2009-01
47 研究開発・製造現場の人材育成の方法 : ミッションと機能に合わせて,必要な人材を育てる (特集 成功確率を高める研究開発) 森 和夫 化学経済 62(9), 35-40, 2015-08
48 見直されるべき基礎技能教育の大切さ : 現場を離れ「原理原則」を考えさせる経験が応用力のある技能者をつくる (特集 事業を支える基礎技能教育) 森 和夫 企業と人材 48(1028), 8-13, 2015-06
49 古典柔術技能に関する教材の開発研究 菅沢 茂 , 森 和夫 , 浅井 勲 特別教育・研究報告集 2007年度, 189-192, 2007
50 古典柔術技能に関する教材の開発研究 菅沢 茂 , 森 和夫 , 浅井 勲 特別教育・研究報告集 2008年度, 25-28, 2008
51 公開講座体系化の試み--その広がりと可能性 (特集 大学と地域の新しい関係は) 森 和夫 社会教育 59(3), 8-11, 2004-03
52 効果的な技能伝承への取組み(1)経営戦略に基づいた技能伝承の重要性と進め方 森 和夫 , 河村 泉 プラントエンジニア 40(6), 40-43, 2008-06
53 効果的な技能伝承への取組み(2)安全弁の分解・整備作業の動画マニュアル作成事例 森 和夫 , 河村 泉 プラントエンジニア 40(7), 38-42, 2008-07
54 工業技能の習得過程 : 訓練段階と訓練生の能力構造の変化(理数科教育(II),教授・学習) 森 和夫 , 手塚 太郎 日本教育心理学会総会発表論文集 24(0), 664-665, 1982
55 工業技能の習得過程(2) : 技能の進歩と訓練生の能力構造の変化(測定・評価4,研究発表) 森 和夫 日本教育心理学会総会発表論文集 25(0), 720-721, 1983
56 高齢者の能力開発が次代の技術・技能レベルの向上を促す (特集 70歳雇用は必要か?) 森 和夫 エルダー 30(9), 25-29, 2008-09
57 今から始める技術・技能伝承 : 中小製造企業の強みを生かした方法論 (特集 プレス・金型・溶接現場の技術・技能継承、人材育成を強化せよ!) 森 和夫 プレス技術 43(12), 18-22, 2005-10
58 座談会 企業にせまる技術伝承問題 馬場 錬成 , 藤村 直孝 , 森 和夫 [他] 予防時報 (227), 20-29, 2006
59 志を伝える方策 (特集 伝承--志を次世代に) 森 和夫 Civil engineering consultant (235), 36-39, 2007-04
60 施設介護と在宅介護の比較からみた介護職の職業能力と教育の課題(II.ラウンドテーブル,日本産業教育学会第43回大会報告) 森 和夫 産業教育学研究 33(1), 13-15, 2003
61 資料 中小製造業における技術・技能継承と能力開発の課題--東京都労働経済局の調査結果(1998年度)の検討から 森 和夫 職業能力開発研究 (18), 141-164, 2000
62 実践報告 訓練効果向上を実感するカリキュラム改善(最終回)改善したカリキュラムによる訓練展開の実際 新井 吾朗 , 森 和夫 , 松谷 由紀子 技能と技術 2000(5), 47-51, 2000
63 熟練技能の伝承とものづくり風土の改革(4)技術・技能伝承をどう受けとめるか、進めるか--技術・技能伝承クライシスを越える企業体質をつくるには 森 和夫 産業訓練 50(5), 24-29, 2004-05
64 職業教育カリキュラム開発手法CUDBASの普及と改良(1-4部会 職業能力開発の革新,II.自由研究発表,日本産業教育学会第46回大会報告) 森 和夫 産業教育学研究 36(1), 38-39, 2006
65 職業訓練指導員の業務とその構造(2)--職業能力開発施設別に見た傾向 森 和夫 職業能力開発研究 (15), 21-38, 1997
66 職業訓練指導員の業務に関する調査(1)(2)(3)(研究発表A,II.自由研究発表,日本産業教育学会第35回大会報告) 森 和夫 , 田中 萬年 , 小原 哲郎 , 荒 隆裕 , 作 成一郎 , 高見 利輝 , 新井 吾朗 , 矢田 義明 , 鈴木 直樹 産業教育学研究 25(1), 9-14, 1995
67 職業能力からみた職業資格の基礎的研究 : 保全技能者の職業能力と技能検定試験問題の比較から(研究発表C,II.自由研究発表,日本産業教育学会第39回大会報告) 砂田 栄光 , 森 和夫 産業教育学研究 29(1), 36-37, 1999
68 職業能力からみた職業資格の基礎的研究(1) : 資格取得と職業生涯とのかかわりを中心に(研究発表A1,II.自由研究発表,日本産業教育学会第37回大会報告) 森 和夫 産業教育学研究 27(1), 22-23, 1997
69 職業能力からみた職業資格の基礎的研究(1)企業内キャリアと職業資格と教育訓練のかかわり (悠峰職業科学研究所第5回研究助成者成果報告) 森 和夫 悠峰職業科学研究紀要 (5), 17-28, 1997 被引用文献1件
70 職業能力からみた職業資格の基礎的研究(2)保全技能者の職業能力と技能検定試験問題の比較 森 和夫 , 砂田 栄光 悠峰職業科学研究紀要 (6), 23-36, 1998
71 職人の熟練技能とその伝承をめぐって (特集 2007年問題と技能の伝承) 森 和夫 技能と技術 2006(6), 2-7, 2006-11
72 人に依存する作業の品質向上手法の構築:−プロセス管理・ロバスト作業設計・技能管理を組み合わせた作業マニュアル− 仲谷 尚郁 , 小原 拓也 , 櫻井 啓太郎 , 服部 一夫 , 洞口 典久 , 桝田 翼 , 見 篤 , 森 和夫 人間工学 54(Supplement), 2C2-3-2C2-3, 2018
73 人材育成・企業内教育のイメージを変える 現場力向上NAVIシステムの世界 (特集 人材育成に取り組む) 森 和夫 プラントエンジニア : 新世代エンジニアのための技術&情報マガジン 44(11), 15-21, 2012-11
74 成果が見える技術・技能伝承の進め方 (特集 技能伝承はどこまで進んでいるか) 森 和夫 企業と人材 40(899), 11-18, 2007-03-20
75 生産設備の変化と保全技能者養成の課題--自動車製造関連企業を対象とした調査を中心に 森 和夫 職業能力開発研究 (16), 73-107, 1998
76 測定・評価(607〜614)(部門別研究発表題目・討論の概要) 森 和夫 , 手塚 太郎 , 渡辺 三枝子 , 道脇 正夫 , 川上 善郎 , 松本 純平 , 西村 純一 , 中島 史明 , 江川 亮 , 戸田 勝也 , DAROKAH MARCHAM , 藤原 喜悦 , 河井 芳文 , 鈴木 真理子 , 田崎 敏明 , 霜田 伊左衛 教育心理学年報 15, 66-68, 1976
77 測定・評価4(723〜730)(部門別研究発表題目・質疑応答・討論の概要) 吉田 辰雄 , 赤木 愛和 , 丹藤 進 , 佐藤 栄一 , 速水 敏彦 , 森 和夫 , 大坪 治彦 教育心理学年報 23, 48, 1984
78 大量調理教育における作業工程表の役割と有用性 平山 素子 , 大澤 清二 , 松谷 由紀子 [他] , 渋谷 久恵 , 森 和夫 大量調理教育の場では作業工程表を使用した訓練が一般的である。しかし教育現場では作業工程表の必要性の認識が希薄であり、実践的な使用が行われていない場合が多い。そこで、段取り能力と正確な作業時間の予測能力を習得するために、作業工程表を用いた訓練を重点的に行い、その効果を検証した。その結果、大量調理現場で即戦力となる人材の育成に作業工程表を用いた訓練が有用であることが明らかになった。 産業教育学研究 31(1), 75-82, 2001
79 第3次産業における労働者の職業能力に関する調査--22職種の類似性の検討 森 和夫 職業能力開発研究 (15), 1-19, 1997
80 第43回大会報告(日本産業教育学会第43大会報告-その2) 森 和夫 産業教育学研究 33(1), 96-97, 2003
81 知的管理系技能の構造に関する研究 : 表計算ソフトウエア操作技能の能力構造 森 和夫 Recently, the intellectual management skill grows in our country. If the structure of the intellectual management skill becomes clear, we can effectively conduct education and training. We collected a … 産業教育学研究 25(1), 41-48, 1995
82 調理操作分析に基づくカリキュラム編成 : 料理中心から調理操作中心カリキュラムへ(研究発表A,II.自由研究発表,日本産業教育学会第40回大会報告) 渋谷 久恵 , 松谷 由紀子 , 山本 妙子 , 平山 素子 , 新井 吾朗 , 森 和夫 産業教育学研究 30(1), 13-14, 2000
83 展望・解説 知識・技術・技能継承を進めるポイント--急がれる2007年問題への対応 森 和夫 配管技術 48(1), 24-30, 2006-01
84 伝承計画をつくる (特集 【教育/保全マネジメント】クドバス手法による技術・技能伝承) 森 和夫 プラントエンジニア 37(4), 39-47, 2005-04
85 働く人の「生涯職業能力開発」の確立をめざして(第9回)高齢者の生き方と課題に根ざした職業能力開発 森 和夫 エルダー 33(3), 45-49, 2011-03
86 迫る団塊世代の大量退職--技術・技能をどう伝承するか (総研セミナー講演要旨 2007年問題を考える) 森 和夫 朝日総研リポート (184), 42-52, 2005-09 被引用文献1件
87 平尾真智子著, 『資料にみる日本看護教育史』, 看護の科学社, B5版, 174頁, 定価3000円, 1999年11月発刊(図書紹介,創立40周年記念特集号) 森 和夫 産業教育学研究 30(2), 106, 2000
88 保全技能者の能力構造と習熟 : メカトロニクス教育の内容と保全教育の課題 森 和夫 This research tried to clarify a concrete content and the structure of the maintenance skill. And, it examined the subject of the maintenance education based on this result. The research method used t … 産業教育学研究 28(1), 45-52, 1998
森 和夫 MORI Kazuo ID:9000396147313 技術・技能教育研究所 Laboratory of Skill & Technology Education (2018年 CiNii収録論文より)
森 和夫 Mori Kazuo ID:9000273010326 職業訓練大学校 指導科研究室 (1977年 CiNii収録論文より)
森 和夫ID:9000245821756職業能力開発大学校 (1999年 CiNii収録論文より)
森 和夫 MORI KazuoID:9000245821797徳島大学大学開放実践センター Center for University Extension The University of Tokushima (2000年 CiNii収録論文より)