本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 





技能の種類





森 和夫  技術・技能教育研究所


技能は種類があり、さまざまな内容がある。これを1つで扱うことは合理的ではない。
ここでは技能を分けて解説しよう。


技能の分類をつぎの4つで整理してみた。このように分類することで技術・技能教育がやりやすくなる。それぞれの特性に応じた指導方法を採用すればよいのだ。

感覚運動系技能
人間の手腕など、身体の感覚機能と運動機能に主に依存する技能分野
・道具による製造技能
・伝統工芸技能
・機械や装置の運転技能
・航空機、船舶、車両などの運転
・工作機械、木工用機械などの操作
・手仕上げ技能、溶接技能、精密機器組み立て
・縫製機器、ミシンなどの操作技能
・建築製図、機械製図、テクニカルイラストレーション技能
・美容、理容のサービス技能
・看護、介護、家事に関するサービス技能
・調理、パン製造技能
・クリーニング技能

知的管理系技能
人間の判断、推理、思考などの知的管理能力に主に依存する技能分野
・設計、デザイン技能
・都市計画、施工計画技能
・制御機器、設備制御技能
・ロボット、自動機の使用技能
・コンピュータプログラミング
・生産管理、品質管理技能
・生産計画、工程管理技能
・情報処理サービス技能
・経営管理技能
・事務、企画技能

保全技能
感覚運動系技能と知的管理系技能の両者を使用する技能分野
・プラント、装置、設備の保全技能
・ビルメンテナンス技能
・航空機、船舶、車両などの保全技能
・製造ラインの保全技能

対人技能
人間に対する働きかけを行う技能分野
・看護、介護、家事に関するサービス技能
・美容、理容のサービス技能
・ホテル、旅館のサービス技能
・レストラン、料理店、居酒屋のサービス技能
・デパート、小売店の販売技能
・不動産、建物の販売技能
・金融商品の販売技能
・カウンセリング、コンサルテーション技能



←※こちらもご覧ください



詳しくは「技の学び方・教え方」をご覧ください。

これまでの技能研究の中から、技を学ぼうとする方々や教える方々にメッセージを送ります。
技を学ぶということを中心にしながら、さまざまなノウハウをブックにまとめている。

目次
第1章 技を学ぶとはどのようなことか
第2章 職人の技と生き方から学ぶ
第3章 技能研究でわかったこと-技が上達するとはどのようになることか-
第4章 作業段取りは技の中央制御室
第5章 機械の運転操作技能を学ぶ
第6章 技を伝えるには
第7章 技能の種類と学び方・教え方
第8章 高度な複合技能の学び方
脚注
あとがき