本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 

                  

職業教育開発協会主催セミナー③
暗黙知指導の理論と実際

~生産性を向上させる暗黙知の指導は重要課題、その理論と実際を演習で学ぶ講座~


開催日時  2019年8月より隔月開催  9:30~16:30  
1月17日(募集中)
会場    江東区文化センター 研修室他(東京都江東区)
参加対象  暗黙知が伝えられない悩みを持つ方、暗黙知を後継者に伝えたい方、団体及び企業の教育担当部署及び研修センターなどで教育指導をしている方、
     人材育成の担当者及び指導者の方、技術・技能伝承に従事している方、これから従事する方、その他テーマに関心のある方。
定員   20名
使用する手法  SAT技術・技能分析手法、暗黙知インタビュー手法、技術・技能マニュアル作成法
配布テキスト等  暗黙知指導の理論と実際テキスト (オリジナルテキストを配布)


受講料  36,000円(税込)
主催   一般財団法人 職業教育開発協会



ねらい
1. 暗黙知の定義からその性質までを検討します
2. 暗黙知に対する考え方、取り組み方を考え、暗黙知伝承のあり方を考えます
3. 暗黙知の明確化と技術・技能分析手法を演習します
4. 暗黙知伝承の方法・システムを検討します
5. 暗黙知伝承の実例を紹介します

はじめに
 ベテランは長い間の経験によって暗黙知を獲得し、それによって仕事を進めています。この暗黙知は企業の大切な資源です。暗黙知はひとりひとりの能力と
して蓄積されます。この資源を多くの後継者に伝承できれば、生産性は飛躍的に向上できるのです。しかし、暗黙知伝承は簡単にはできないものです。なぜな
ら、暗黙知の多くは表現しにくいという点にあります。ですから、暗黙知伝承は思いつきや、見よう見まねの取り組みでは成果にはならないものです。
 このセミナーでは暗黙知とは何か、暗黙知の特性や種類、対応の仕方、伝承方法を学習します。重要な暗黙知の明確化を技術・技能分析手法、暗黙知インタビ
ューで明らかにしていきます。セミナーでの説明はわかりやすく、そして演習を中心にして学習します。職場人材の育成に関わる方々、指導者の方々に受講を
お勧めします。

プログラム
1.暗黙知伝承の必要性
2.暗黙知を捉える
 2.1暗黙知とは何か、どう伝えるか
 2.2暗黙知の4種類・4階層の仮説
 2.3作業概念の形成を考える
3.暗黙知伝承の方法論
 3.1暗黙知伝承の考え方 
 3.2伝承活動の基本モデル
 3.2活動の展開プログラムと実践例
4.暗黙知の明確化の実際(演習)
 4.1技術・技能分析の考え方・整理の仕方
 4.2技術・技能分析の方法演習
 4.3暗黙知インタビューの方法演習
5.暗黙知伝承のあり方
 5.1本質を追究すること
 5.2ものの見方、考え方を伝えること
 5.3ものごとの多面的理解と多角的発想
 5.4研究開発の暗黙知伝承の仕方
6.まとめ


講師
森 和夫 職業教育開発協会


※セミナーパンフレットお問合せ・お申込みは → こちら 






会場のご案内
〇会場所在地
東京都江東区東陽4-11-3  江東区文化センター 3階 研修室

      

〇電車利用の場合
東京メトロ東西線「東陽町」駅 1番出口より徒歩5分
〇バス利用の場合
• JR「錦糸町」駅または都営新宿線「住吉」駅より1.東22系統「東京駅丸の内北口」⇔「錦糸町駅前」
• 都営新宿線「東大島」駅より2.門21系統「東大島駅前」⇔「門前仲町」
※1.2.とも「江東区役所前」下車徒歩3分
• JR「亀戸」駅または都営新宿線「大島」駅より3.亀21系統「東陽町駅前」⇔「亀戸駅前」
• 「亀戸駅通り」より4.都07系統「錦糸町駅前」⇔「門前仲町」
※3.4.とも「東陽町駅前」下車徒歩5分