本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 





暗黙知インタビューの方法

森 和夫  技術・技能教育研究所




技能伝承マニュアルを作るには、単に動画で記録するだけでは無意味だ。
その行動、動作、考え方に暗黙知がある。
暗黙知インタビューでそれらを引き出せば使えるマニュアルになる。



暗黙知インタビューのプロセスとキーポイント

作業全体の概要について説明してもらう
具体的な到達目標を明確にしてもらう
特に難しいポイントを話してもらう



不明確な表現、発言、省略事項を正す
デジタル数値にしてもらう
詳しく言語化してもらう。擬音語や比喩を網羅する
イラストで説明してもらう
電子黒板に書かせてプリントする
疑問点、不自然な作業について確かめる
細かな作業の仕方も具体的に説明を受ける
小さな動作も見逃さない
疑問を持ちつつ、好奇心を持って聞いていく。
動作、方法、段取り、判定・判断・・と明らかにする
失敗した場合はどうするか聴く。
何故その基準値なのか、それ以上の場合は何故ダメか、それ以下は何故ダメか
作業を完了するときの判断基準を聴く
定量化する問いを使う



質問項目表を手がかりにしながら聞く
1.何を見たか、どこの部分を見たか
2.何を見ようとしたか、どう見ようとしたか、手がかりは何か
3.何を聞いたか、何を聞こうとしたか
4.どう聞こうとしたか、手がかりは何か
5.どのように動かしたか、いつ動こうとしたか
6.どのように動こうとしたか、なぜそのように動かしたか
7.いつ始めて、いつ止めたか
8.動かし方は何がポイントか
9.何を話したか、なぜ話したか
10.何を訊ねたか、何を判断したか
11.何を思い浮かべたか、何を決断したか
12.調査している内容は、何を探索したか
13.何を手がかりに診断したか・判断したか




○ケース分けのインタビューが大切だ

ケースごとに、ケースの特徴、方法、基準、ポイント・・・と聞いていく
ケースに特徴的な違いがあるので、それを明瞭にする
ケースの発生する確率がどの程度かを話してもらう
ケース発生確率の高い順に書き上げる








←※こちらもご覧ください




図書 「人材育成の見える化」をご利用ください。ネット書店Amazonで購入できます
「人材育成の見える化」上巻
人材育成の「見える化」上巻 ~企画・運営編~→ちらしはこちら 
【仕様】A5判/並製/約230頁、付録CD-ROM  定価:3,150円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Prologue  人材育成の「見える化」とは何か
Chapter1 人材育成の仕事、役割を考える
Chapter2 人材育成の企画をする
Chapter3 研修プログラムをつくる
Chapter4 研修の準備をする
Chapter5 研修の運営と評価をする
Chapter6 付録「役立つ人材育成ツール集①」の使い方

「人材育成の見える化」下巻
人材育成の「見える化」下巻 ~実施・評価編~ ちらしは→こちら
予約は→株式会社JIPMソリューション 出版・教材開発事業部 営業販売グループ TEL. 03-6409-0353 まで
【仕様】A5判/並製/約300頁、付録CD-ROM  定価:3,360円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Chapter 1 教育ツールのつくり方、使い方
Chapter 2 教材をつくる(プリント教材、プレゼンテーション教材、技能マニュアル)
Chapter 3 講義指導をする
Chapter 4 OJT指導をする
Chapter 5 技能指導をする
Chapter 6 技能教育道場をつくる
Chapter 7 付録「役立つ人材育成ツール集②」の使い方と実例