本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 





キーワード解説

 「技術・技能伝承の評価と検証の方法」


森 和夫  技術・技能教育研究所








技術・技能伝承の評価は何のためにするのか

成果の確認のために行う
活動の改善のために行う
技能伝承の活動を理解いただくために行う

活動自体を発展的に継続できるように正確な評価、建前ではない実質評価をめざす。






評価の視点

@質的評価と量的評価で見る
A形成的評価を重視する
?最終到達点の目標との距離で見る

・評価指標を設定しておく
・目標設定をキックオフ時点で設定しておく
・測定方法、ベンチマークを設定しておく






想定される指標

直接的指標
  @能力マップの水準の向上
  A生産性に関する諸指標の向上
  B後継者に対する仕事の委譲率の向上

間接的指標
  @事故、災害の発生率の減少
  A作業者のモラール・やる気の上昇
  B人材育成、能力開発に対する期待感の向上






評価は誰がするか

活動推進者・責任者
管理者
職場ごとの管理監督者
指導者
継承者
第三者・関係者







次期活動へ示唆をまとめる

・評価はデータ公開だけでなくコメントとして文章化する。
・具体的な改善提案を明記する
・必要な措置、予算、考慮事項をまとめる
・消費した工数、コストを整理しておく
・組織上の課題と推進者の選任に関するまとめをしておく
・総合的な評価を記載する
・評価結果は公開する







※こちらもご覧ください









詳しくは「技術・技能伝承ハンドブック」をご覧ください。
 A5版・280頁定価3,675円

■技術・技能伝承を進めるための方法を解説した実務書で、どうすれば技術・技能伝承ができるかに焦点を当てて記述されている
■技術・技能伝承に必要な資材、実例、学習のためのパッケージ、技術・技能伝承マニュアル製作過程の動画をDVDで提供している
■DVDには技能伝承に必要なツールとしてファイル数33本、映像型マニュアルが10本入っている