本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 





暗黙知を管理する


森 和夫  技術・技能教育研究所







技術・技能伝承は一過性のものではない。いつの時代も解決していくべき永遠の課題だ。だから暗黙知は職場で絶えず生まれるものと考えた方が良い。これを解決するには単なる技術・技能伝承として捉えるのではなく、「暗黙知の管理」として捉え直すことが必要である。

下図は技術・技能伝承のステップである。ステップ1〜3をたどれば確かな伝承が展開できる。この中で最も重要なことはステップ3の指導して結果を出す部分である。あくまでも能力マップを作ったり、マニュアルづくりはその下ごしらえに過ぎない。

やり方がわからない、成果が見えない、成果が出ないということはよく聞く話だ。
これは次の3ステップを踏んで実施すれば確実な成果に結びつく

STEP1 
何でも実施したいが、まずはテーマの選定が大切だ。
技術・技能伝承には時間も、負担もかかるので、最もすべき内容を選定する。
必要性が高く、経営戦略との関係で重要な内容を選びます。
特に、影響度の大きいものをまず手掛けることで、安定につなげます。
そして、計画を立案します。技能伝承は計画的展開が必需の活動です。
いつまでに誰が、どのように、実施するかを明確にします。

STEP2
テーマを絞り込んだら、指導の準備になります。
まずは、暗黙知を整理しなければなりません。
指導の最も大切なことは、教えるべき内容を整理して、伝えることです。
「作業を見ればわかる」というのは傲慢に過ぎません。
見てわかる人は技能伝承の必要のない人です。すでにその技量があるから、見どころ、考え方、ポイントが示せるのです。
これから技を受け継ぐ人にとっては、何を、どのように見ればよいかはわかりません。
そこで、その技能のポイント、見どころ、考え方を整理します。
その作業に含まれる、カン・コツを明確にします。
後継者に伝わりやすく、わかるように整理するのです。
このようにして指導教材、マニュアル、練習課題を用意します。

STEP3
いよいよ、実施です。
指導は簡単そうに見えて、奥が深いものです。
優れた教え方で指導します。
また、後継者に合わせて指導することも大切です。
その進め方はわかりやすく、身に付く内容とします。

このようにステップをたどれば、あとは成果の検証です。
基本的な内容をチェックした後、実際の作業を後継者が実行してみて、成果を検証します。
このステップはシンプルですからだれでも実践できます。
最後まで実施することで成果が得られるものです。



これを「暗黙知の管理のプロセスとして」下図のように整理してみました。
まず、暗黙知がどこにあるかを特定します。
あの仕事のこの部分・・、というように所在を確認します。これには技術技能マップが役に立ちます。
そして、暗黙知を分析的に記述して整理します。これには技能分析氷河役に立ちます。
次にそれらを技能マニュアルに落とし込んでいきます。
動画も入れるとわかりやすくなります。
まずは文章にして、かつ、マニュアルとして完成度を挙げ、それらを使うツールも同時に作ります。
マニュアルと、道具などを用意した場所を技能教育道場と呼びます。




実際に技能伝承を進めるにはいろいろなタイプがあります。
よく行われるのは優れた技能を後継者に引き渡すタイプです。
これを「トップDNA伝承」タイプと呼びましょう。
このほかに職場全体の技能を向上させる「ボトムアップ伝承」タイプがあります。
中には海外展開に役立てることを目的として、国内の優れた技術・技能を移転する「グローバル移転」タイプがあります。
このようにして暗黙知を指導していきます。








←※こちらもご覧ください




図書 「人材育成の見える化」をご利用ください。ネット書店Amazonで購入できます
「人材育成の見える化」上巻
人材育成の「見える化」上巻 〜企画・運営編〜→ちらしはこちら 
【仕様】A5判/並製/約230頁、付録CD-ROM  定価:3,150円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Prologue  人材育成の「見える化」とは何か
Chapter1 人材育成の仕事、役割を考える
Chapter2 人材育成の企画をする
Chapter3 研修プログラムをつくる
Chapter4 研修の準備をする
Chapter5 研修の運営と評価をする
Chapter6 付録「役立つ人材育成ツール集@」の使い方

「人材育成の見える化」下巻
人材育成の「見える化」下巻 〜実施・評価編〜 ちらしは→こちら
予約は→株式会社JIPMソリューション 出版・教材開発事業部 営業販売グループ TEL. 03-6409-0353 まで
【仕様】A5判/並製/約300頁、付録CD-ROM  定価:3,360円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Chapter 1 教育ツールのつくり方、使い方
Chapter 2 教材をつくる(プリント教材、プレゼンテーション教材、技能マニュアル)
Chapter 3 講義指導をする
Chapter 4 OJT指導をする
Chapter 5 技能指導をする
Chapter 6 技能教育道場をつくる
Chapter 7 付録「役立つ人材育成ツール集A」の使い方と実例