本文へジャンプ 本文へジャンプ


 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 




クリニカルラダー作成の意義




森 和夫










病院が求める看護師像を明確に示す
看護師が目標とする到達水準を明らかにする
自らの職業生涯を設計し、作り上げていく指標とする
得意・不得意、習得・未習得の状況を把握
キャリア開発を通して学習への意欲と、希望につなげる
実情に応じた教育研修の企画をたてる
教育研修の成果確認として妥当性、信頼性のある評価方法






クリニカルラダーでできること

第1は「教育必要点が明らかになる」ことである。最適、最短の方法で成果を挙げうる教育プランが作成できるのだ。
第2に「個々の職業生涯の設計とサポート体制の確立」を図ることに役立つ。看護師の職業生涯を組み立て、確実な歩みとなるように意図的に仕向けることが可能になる。
第3に「見えないものを見えるようにする働き」があり、「漠然とした、曖昧なこと」と思われていた専門性や業務内容を明確に示すことができる。







  ←こちらもご覧ください。


←※こちらもご覧ください



2018年4月、6月に日総研主催「クリニカルラダーセミナー」を開催の予定、募集中。
 プログラム
1.効果的な手法(クドバス法)を活用した「作り方」「見直し方」
 〜ラダーを本当に使えるものにする、クドバス法はこんなに使える!
2.【演習】誰でもやさしくクドバス法を用いたラダーの「作り方」「直し方」がわかる・できる
 1)クドバス法を活用したラダー作成のプロセス
  ・「何ができるか」「何を知っているか」
   メンバーの経験・知識の棚卸し
  ・集めた知識・経験の分類と重要レベルの判断
  ・信頼性のあるラダー評価項目を作成する
 2)作成したラダーの完成度を高める
  ・評価にバラつきを出さない文章の作成の仕方
  ・評価項目の見直し
  ・即活用できるラダー評価リストとしての整え方
 3)ラダーの“評価”と連動した院内研修の“組みたて方”
  ・ラダーを使った評価と結果分析の仕方
  ・結果から判断する重点的に行なうべき教育内容
  ・評価結果から作成する「ラダー別研修プラン」
お問い合わせ、お申し込み
http://www.nissoken.com/s/11757/index.html




人材育成の「見える化」〈上巻〉企画・運営編―「何を」・「誰に」・「どうやって」
森 和夫 (著)  価格: ¥ 3,150 JIPMソリューション



Amazon
で購入できます。