本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 




キーワード解説

実験と実習の違い

森 和夫








実験と実習の違いについて聞かれることがある。似ているように受け取られているが、実は大きな違いがある。

実習は実際に体験することによって、実務に関する内容を総合的に学習することだ。
実習には「実際を体験的に学習する」という意味が含まれている。このように実習には学習の意味が入っている。
「職場実習」「教育実習」「工場実習」「臨床実習」・・・・、どれをとっても学ぶという意味が含まれているのである。
現場における労働には実習はあり得ない。生産そのものを行う場であるからである。学習者が現場を学ぶために職場に入ることはあるが、それは労働ではない。
実習とは「生産にかかわる特定の過程を意図的に学習者に実行させ、その準備や実行の手続きを含む全過程を体験させる方法」と定義する。

これに対して、実験はある事象の検証を意図している。ある条件では結果はどう変化するか、条件によって結果に違いはないか、方法を変えてみるとどうか・・・と追究する。
実験とはある事柄について実際に検証し、生起する原因や条件などを明らかにすることと言える。
実験の大事なところは、実験を行う前に、ある考えを定めることだ。なんらかの考えがあって、次に実験が来る。
この「考え」は必ずしも仮説である必要はない。
また、より明瞭な仮説を設定するために実験が行われることがある。
実験には学習という要件は入ってはいない。つまり実験という方法を学習に適用することがある。
実験とは「生産技術におけるさまざまな事象を、一定の条件下で意図的に実行させ、予め設定した仮説を検証する方法(もしくは仮説を探索する方法)」と定義する。



 ←実習と実験の進め方についてはこちらを参照ください。



実習的実験と実験的実習について
筆者はさらに実験と実習の中間のスタイルがあると仮設してみた。実習的実験と実験的実習である。
ややこしくなるかもしれないが、簡単に言えば、「実習の手法を使って実験すること」「実験の手法を使って実習すること」の2種である。
 このようにしてここでは実験と実習に関して4種のスタイルを設定した。下表にこれを示す。





詳しくは下記の論文をご覧ください。
テーマ別PDF論文集まとめ [ 指導者論、指導方法論、大学教育FDは→こちら ]

1991  生産技術教育の方法理論(3)−スキルスタディ展開のバリエーション−  職業訓練研究誌 第9巻、単著
1990  生産技術教育の方法理論(2)−授業の分析によるアクティビティの抽出− .  職業訓練研究誌 第8巻、単著
1989  生産技術教育の方法理論−方法仮説と授業実験−  職業訓練研究誌 第7巻、久下・森(共著)






    ←こちらも参照ください。









「人材育成の見える化」上巻
人材育成の「見える化」上巻 〜企画・運営編〜→ちらしはこちら 
【仕様】A5判/並製/約230頁、付録CD-ROM  定価:3,150円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Prologue  人材育成の「見える化」とは何か
Chapter1 人材育成の仕事、役割を考える
Chapter2 人材育成の企画をする
Chapter3 研修プログラムをつくる
Chapter4 研修の準備をする
Chapter5 研修の運営と評価をする
Chapter6 付録「役立つ人材育成ツール集@」の使い方

「人材育成の見える化」下巻
人材育成の「見える化」下巻 〜実施・評価編〜 ちらしは→こちら
予約は→株式会社JIPMソリューション 出版・教材開発事業部 営業販売グループ TEL. 03-6409-0353 まで
【仕様】A5判/並製/約300頁、付録CD-ROM  定価:3,360円(税込み)JIPMソリューション刊
人材育成の企画・運営から実際の指導までをわかりやすく解説! 付録のツール集で完全網羅!
■多くの企業にとって社員は「人財」であり、「人財」を育てる「人材育成」は重要なプロジェクトである。しかし、教育プロセスが「見える化」できないなどの理由から、有意義な教育になっていないのが現状である。本書はあらゆる読者に対応しており、仕事中心で実務的に書かれている。人材育成の問題を把握し、最適な方法や展開のしかたをわかりやすく解説している。
■目次
Chapter 1 教育ツールのつくり方、使い方
Chapter 2 教材をつくる(プリント教材、プレゼンテーション教材、技能マニュアル)
Chapter 3 講義指導をする
Chapter 4 OJT指導をする
Chapter 5 技能指導をする
Chapter 6 技能教育道場をつくる
Chapter 7 付録「役立つ人材育成ツール集A」の使い方と実例