本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 





成功する講義とは



森 和夫  技術・技能教育研究所


数多くの講義を見聞し、また、自ら実践してみて講義こそカン・コツのあるものはないと思うようになった。
しかし、この暗黙知を解析し、分析して捉えてみると、暗黙知はある程度、形式知に置き換えることができる。
ここで紹介するのは主に大学での授業を念頭に置いて整理してみた。




成功する講義の8ポイント
次に挙げる8つのポイントを含む講義の流れを計画すれば成功に近づくことができる。
講義テーマとねらいを明確に告げる
講義のあらましと道筋を述べて本論に
展開はダイナミックに多彩に・・
納得のいく小道具の数々
内容は絞り込み、展開は切り込み方次第
冗談や挿話はホドホドで引き返す
大事な[締めくくり]と[ねらいによる評価]
時間厳守





良い講義の典型例
この流れで時間に合わせて展開すれば効果の挙がる講義になる。




講義の作り方編
講義はどのようにして作るかを考えてみよう。図のように作れば誰でもスムースに不安なく、講義に臨むことができる。




授業の構成・構造編
授業のタイプにはいろいろなタイプがある。どれを使ってみようか。テーマに合わせて考えるだけでよい。
論理タイプ・説得タイプ
謎解きタイプ
起承転結タイプ
テレビショッピングタイプ
対談タイプ




良い講義のアクション編
単調な語りほど害を及ぼすものはない。講義には適切なアクションが必要だ。これらを組み合わせて実行すればよい。

話し方=明瞭・明確・変化・感情・テンポ
アクション=ダイナミック・オーバーアクション、棒芸・手技・足技・歩行
板書=レイアウト・書く・消す
質問=全体・指名・リレー・アンケート
視聴覚教材提示=過剰・単調・残像



良い講義の心構え編

誠実・誠心誠意・まごころ
明るく、前向き、ひたむき
サービス精神、お客様中心
成果達成主義
滅私奉公
一に準備、二に準備・・、五に準備
創意工夫・毎回がドラマ







徳島大学FDの歴史(2008年4月発行 発行者:徳島大学FD専門委員会)



授業評価アンケートによる講義の検討─ 2004年度前期調査結果の分析と提言─  
(大学教育センター 教育評価・FD 部門)


授業評価アンケートによる講義の検討(2) − 2004年度と2005年度の比較と学部学科別の検討を中心に−
(大学教育センター 教育評価・FD部門)


2005年、教育評価・FD部門 報告(東京農工大学大学教育センター)




←こちらもご覧ください