本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 



ラダー項目の書き方




■ラダー項目を書くのは意外と難しいものです。簡単に書くことはできても、評価ができないことは多くあります。

■ラダー項目は能力項目です。能力以外は記載しないことです。能力項目の内容は、知識、技能、態度の3種類で構成します。

■一般にチェックリスト作成にあたっては、@妥当性、A信頼性、B実用性の3点が確保される必要があります。
@妥当性があるということは、そのラダーに必要な能力項目が全て書き上がっていることです。逆に不要な項目は入っていないことです。
A信頼性があるということは、誰が評価しても、評価にブレがなく一致するということです。内容や意味の解釈が一致できることです。
B実用性があるということは、時間も準備もいらないでできる等、評価が容易であることです。

■原則として「行動目標」を記載します。行動目標は評価対象者がどのような行動がとれるかを具体的に記述するものです。一般に動詞が重要とされて記載方法を述べているものが多いのですが、むしろどのような条件で何をどうすることか、その判断基準は何かを書くことが大切です。

■「誰が、誰に、何を、どのように、どの程度、どこまで、何によって、何を用いて、どうする」と書かれると明瞭になる。

■評価するときのことを考えると、
「何を用いて」「いつ」「どんな場面で」・・・・「どうする」があると良い。
 
看護記録、10月第2週、申し送り、・・・・・・・観察する

------------------------------------------------------------------------------------

具体的な記載の仕方
(1)意味がとれないもの 
→主語+述語+目的語は明瞭に書く。
(2)能力を記載する 
→〜できる、〜知っている、〜態度がとれる。
(3)人によって解釈が違わないようにする 
→曖昧さは評価をブレさせる。定義を書くとよい。(  )で補足する。
(4)長文であるものは意味や筋が見えなくなる 
→短くして明瞭に書く。
(5)1項目には1つの能力を記載する 
→複数の項目の記載は避ける。
(6)概念を明瞭にして具体的に書く
 →漠然とした言葉、一般用語は避ける。具体的に書く。抽象的な内容は解釈が曖昧になる。
  ×観察する、×検討する、×報告する、×管理する、×対処する、×コミュニケーションする、×寄り添う、×看護倫理
  ×看護過程、×確認する、×調整する、×看護ができる、×主体的に、×振り返り、×考慮する、×環境整備する

(7)「正しく」、「間違えず」、「適切に」などの用語は入れない。
(8) 回答の基準が不明確で判断できないもの 
→必要であれば「条件・基準・行動」を入れる。
(9) どの項目も「3」の判断になってしまうもの 
→幅が出るように直す。優れた人はどのような状態かを書くと良い。
(10) 「1」か「5」の判断になる 
→幅が出るように直す。易しすぎる場合はレベルを上げて判断事項を入れる。
(11) ケースバイケースによって判断が変わるもの 
→ケースを限定する。

------------------------------------------------------------------------------------




※ラダーに関する情報は→こちら 

 上巻ではCUDBASの解説を記載しています。Amazonで購入できます。

下巻では、指導の仕方・準備の仕方を丁寧に記載しています。Amazonで購入できます。

能力マップの作り方、教育計画の立て方について記載しています。Amazonで購入できます。