本文へジャンプ 本文へジャンプ

 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 



キーワード解説
能力マップとは何か


森 和夫


スキルマップは、最近は能力マップと呼んでいる。
能力マップの定義から作り方、活用の仕方を解説する。





〇能力マップとは
能力マップは人材育成を計画的に実施するに役立つ基本ツールである。ここで言う能力とは知識、技能、態度を指している。
スキルマップは能力マップの一部分を指しており、人材育成では使い方が限定される。スキルマップは技能だけを示しているためである。
スキルマップには技術的知識などは含まれず、スキル形成に必要な知識、態度は除外している。



○能力マップの定義
能力マップとは「その仕事に必要な能力項目を縦軸に列記し、横軸に技術・技能者の氏名を列記して、表中に保有能力を記載したもの」である。
能力項目と人材の保有能力のマトリクスを表している。保有能力は通常、5段階評価で行う。
作業者の記載順序は左から年齢もしくは経験年数の順にする。あるいは全能力水準の合計点の順序で記載することも良い。











○能力マップの適用事例
能力マップは人材育成のさまざまな場面で使用できる。たとえば下記のような事例がある。

1. 人材育成計画、能力開発計画に活用
2. 技能伝承の重点項目を検出するのに活用
3. 教育前と教育後の効果測定に利用
4. プロジェクトチームの最適メンバー選出に、データから検索
5. 生産力の未来予測シミュレーションとして利用
6. 生産の問題・欠陥の克服を能力面から検討




能力マップの様式は次のようにする。横に作業者の指名と年齢を記載し、縦には能力項目を列記する。
クドバスではカード番号、重要度水準も記載できる。

技術・技能教育研究所方式は作業者の能力保有水準を5段階評価で記入し、カラー表示する。






カラー表示した実例を見てみよう。カラーで表示されているので傾向がわかりやすく把握できる。







○能力マップの使い方
・能力マップの特徴に注目する。マップの能力水準を色分けすると、特定の層や特定の人物、特定の能力項目に偏る傾向がある。これを見逃さないことだ。
・個人別、能力項目別に平均値を読み取るとよい。次頁図の平均値が青の能力項目は「弱み」となり、赤は「強み」と判断される。
・また、マップの色の偏りについてみると、黄や白がどのあたりに分布しているかが重要な判断になる。黄が「3」で白は「1」「2」であるからこれらが多いほど弱みにつながると考えられる。
・指導者を誰にして学習者を誰にするかを検討するには役立つデータになる。




○能力マップの実例と分析
次頁の能力マップから傾向を読み取ることにしよう。
@平均値を見ると、青部分と赤部分に分かれる。青部分は3以下を表すので、弱みと指摘できる。同様にして赤部分は強みである。このマップの場合、重要度の順に上から能力項目があるので、重要度の高い項目で弱みが多いと言える。
A得点の分布をみると、黄と白が左にまで及んでいて、5(高い能力保有者、熟練者)の保有者のいない能力項目がある。黄は3(一人前レベル)、白は2(他の支援がないとできないレベル)と1(全くできない知らないレベル)なので、危機に弱いと言える。また、レベルの高い仕事はこなせないことを意味している。
B作業者ごとに見ると、1と2のレベルの保有者がかなりの割合でいることがわかる。この内容を教育することで、生産性向上につながることが予想できる。














能力マップ作成ソフトウエアは下記で紹介しています。↓
ホームページからソフトウエアをダウンロードして作成してください


 ←こちらもご覧ください。








■詳しくは下記の図書に記載しています。
森和夫・河村泉 著
能力開発の実践ガイド
15の教育ニーズから逆引きで使う
発刊:ジェイマック
日本能率協会コンサルティング
A5判、208ページ、定価2,940円(税込み)

アマゾンで購入できます。