本文へジャンプ 本文へジャンプ


 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 



キーワード解説

現場力とは何か

森 和夫








・「現場力」という言葉は「現場」と「力」を結びつけた言葉で、人によっては設備や改善の程度など、生産力や生産性を「現場力」に含めて論じているものもある。また、特定の人材や特定の能力分野に限定した内容も少なくない。このように「現場力」ほど多義的に用いられ、語られている言葉はない。
・「現場」とは、生産点のことである。生産活動が行われるところだ。直接生産に関わる部署は明瞭に示せる。しかし、直接生産に関わらない間接部門のような部署といっても生産に密接に関連しているので、これらもその働いている場所が「現場」になる。このように「現場」とはその場所が事務室であっても、フィールドであっても、生産設備のある場所であっても「現場」となり得る。つまり、現場とは多様な労働の場を表している。
・生産活動とはものづくり労働以外の、例えばサービス労働でもあり、サービスの場が現場になる。管理者が管理業務を行っている場が管理者の現場となる。それは事務室である場合が多い。
・「現場力」とはその労働の場の力のことである。労働の場には「組織として構成された人材の集合体」がある。「組織として構成された人材の集合体」の力量を「現場力」と考える。


  
現場力=労働の場にある、「組織として構成された人材の集合体」の力量

・「現場力」は人材に焦点をあてた言葉として扱う方が妥当と言えよう。そこで、次のように定義する。

 「現場力とは現場の力量の総体を表し、現場の人材が保有する能力及び意識の状態をいう」

・能力とは知識、技能、態度で構成する。問題解決力は能力に含まれる。
・現場は人材の集合体である。だから、一人一人の能力の高さが大事になる。さらに、単なる集合体ではなくチームとしての力量も現場力を表している。一般に優れた「現場力」があると言う場合、優れた[組織×構成する人材×力量]のことを指している。


  
優れた「現場力」=優れた[組織×構成人材×力量]

・このような概念で整理すれば、現場力を向上させるにはどのようにすればよいかという方向の検討が可能になる。




・現場力の向上に必要なことは「具体的な内容項目」をリストアップし、常に現状を把握することである。現場の人材の強み弱みを明らかにして、人材育成によって学習すれば、現場力の向上が図れると考えられる。この方法として「現場力向上NAVIシステム」の活用が効果的である。



 ←こちらも参照ください。

 



  ←こちらも参照ください。










現場力向上NAVIについては新刊図書をご覧下さい。
森和夫・河村泉 著
能力開発の実践ガイド
15の教育ニーズから逆引きで使う
発刊:ジェイマック
日本能率協会コンサルティング
A5判、208ページ、定価2,940円(税込み)

出版社サイト
全国の書店、アマゾン他のネット書店で購入できます。




関連するページ
http://ginouken.com/G-KEYWORD.html
  職人の働き方と技能
  カン・コツとは何か
  熟練で獲得したものは何か
    技能の上達のプロセス
  技能分析手法SATの原理
  
技能分析手法SATの記載例
  技能分析手法SAT普及の背景
  技能分析手法SATのフォーム
  技能デジタル化の過信
  暗黙知の種類
  暗黙知の階層
  暗黙知インタビューの仕方
  技能研究の方法論
  技能の種類に合わせた指導の方法
    技能研究の4つのアプローチ
  技能の分類

http://ginouken.com/D-KEYWORD.html
  技術・技能伝承とは
  技術・技能伝承システム
    暗黙知を管理する
  モノづくりとは何か
  技術と技能の違い
  技能伝承活動の診断表
  技能伝承で成功する企業の特徴
  技能伝承の危機と克服の仕方
  技能伝承問題は解決したか
  SJTとは何か
    伝承マニュアルの作り方
  動画が有利な内容は何か
  マニュアルのアウトソーシングで技術・技能継承問題はは解決できるか
  技能道場の開発の方法

    よくある技術・技能伝承の問題
    技術・技能伝承活動の評価