本文へジャンプ 本文へジャンプ


 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 



キーワード解説

現場力とは何か


森 和夫  技術・技能教育研究所









・「現場力」という言葉は「現場」と「力」を結びつけた言葉で、人によっては設備や改善の程度など、生産力や生産性を「現場力」に含めて論じているものもある。また、特定の人材や特定の能力分野に限定した内容も少なくない。このように「現場力」ほど多義的に用いられ、語られている言葉はない。
・「現場」とは、生産点のことである。生産活動が行われるところだ。直接生産に関わる部署は明瞭に示せる。しかし、直接生産に関わらない間接部門のような部署といっても生産に密接に関連しているので、これらもその働いている場所が「現場」になる。このように「現場」とはその場所が事務室であっても、フィールドであっても、生産設備のある場所であっても「現場」となり得る。つまり、現場とは多様な労働の場を表している。


・生産活動とはものづくり労働以外の、例えばサービス労働でもあり、サービスの場が現場になる。管理者が管理業務を行っている場が管理者の現場となる。それは事務室である場合が多い。



・「現場力」とはその労働の場の力のことである。労働の場には「組織として構成された人材の集合体」がある。「組織として構成された人材の集合体」の力量を「現場力」と考える。


  
現場力=労働の場にある、「組織として構成された人材の集合体」の力量



・「現場力」は人材に焦点をあてた言葉として扱う方が妥当と言えよう。そこで、次のように定義する。

 「現場力とは現場の力量の総体を表し、現場の人材が保有する能力及び意識の状態をいう」

・能力とは知識、技能、態度で構成する。問題解決力は能力に含まれる。
・現場は人材の集合体である。だから、一人一人の能力の高さが大事になる。さらに、単なる集合体ではなくチームとしての力量も現場力を表している。一般に優れた「現場力」があると言う場合、優れた[組織×構成する人材×力量]のことを指している。


  
優れた「現場力」=優れた[組織×構成人材×力量]

・このような概念で整理すれば、現場力を向上させるにはどのようにすればよいかという方向の検討が可能になる。









・現場力の向上に必要なことは「具体的な内容項目」をリストアップし、常に現状を把握することである。現場の人材の強み弱みを明らかにして、人材育成によって学習すれば、現場力の向上が図れると考えられる。この方法として「現場力向上NAVIシステム」の活用が効果的である。



 ←こちらも参照ください。

 



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



お知らせ
2018/3/20 大妻女子大学人間生活文化研究所から出版し公開しました。
森 和夫「技術・技能論−技術・技能の変化と教育訓練−」


   "Skilled Labor on High-Tech Age"

  大妻女子大学人間生活文化研究所から出版 ( 2017/07/18 )
  ・誰でも、いつでも読める電子書籍です
  eBOOKのダウンロードは → こちら 

 Contents
 1. Thinking about Skill and Technology
 2. Clarifying the Science of Skill
 3. The World of “Wisdom” which “Technique” creates
 4. Skilled Work on High-Tech Age
 5. High-Tech Skills and Original Skills
 6. Technical Education on High-Tech Age
 7. The Path to High Level Skill
 8. Digital Task and Analog Task
 9. Engineer Education and Skilled Worker Education
 Reference
 Message from author

 

  
「技術・技能論−技術・技能の変化と教育訓練−」

  「ハイテク時代の技能労働」に加筆し、発刊。
  大妻女子大学人間生活文化研究所から出版 ( 2018/03/20 )
  ・誰でも、いつでも読める電子書籍です
  eBOOKのダウンロードは → こちら
 

 目 次
 1 技能と技術を考える
 2 技能の科学を明らかにすること
 3 「技」が創る「知」の世界−酒造りの技能の伝承と機械化をめぐって
 4 ハイテク時代の技能労働
 5 ハイテク技能と原初技能
 6 ハイテク時代の技能教育とその展望
 7 高度熟練への道
 8 デジタルタスクとアナログタスク
 9 技術者教育と技能者教育の狭間を考える
 あとがき
 著者プロフィール

  








  ←こちらも参照ください。





←※こちらもご覧ください







技術・技能伝承論文集







現場力向上NAVIについては新刊図書をご覧下さい。
森和夫・河村泉 著
能力開発の実践ガイド
15の教育ニーズから逆引きで使う
発刊:ジェイマック
日本能率協会コンサルティング
A5判、208ページ、定価2,940円(税込み)