本文へジャンプ 本文へジャンプ


 技術・技能教育研究所・森 和夫ホームページ 




キーワード解説
「技術と技能の違い」

森 和夫


  
出典:「技術・技能伝承ハンドブック」
                          

技能とは何か
「技能とは何か」と言う問いに答えていこう。「技能は能力」であると答えたい。「技能とは人間がもつ技に関する能力であり、それを使って仕事などを行う行為」を指している。能力は人に備わっていて、直接見ることはできない。見えるのは作業している状態か、作業の結果である。ビデオで記録しても所詮、映像と音声にすぎない。これは平面でしかも時間で流れる。しかし技術は記録できる。技術は技を記録したり、伝えるように何かに置き換えられたものを指している。時には数式であったり、図面であったり、文章であったりする。「科学を人間の生活に役立てるように工夫したもの」と言う意味を含んで使う場合もある。

 一般に技能は主観的なものだといわれる。技能者自身がもっているものであるし、自分の特性に合わせて経験で築き上げたものなのである。技術との違いは歴然としている。技術はもともとが「記述や表現や伝達」を意図している。だから、技術の流通の速度は技能と比べて格段に速い。技術は記述し、記録され、蓄積できる。そして、技術は人の外に出て流通する。
 技能は人に宿っている。だから人以外は蓄積できないし、人が死を迎えれば技能は消える。人がいて伝承さえすれば継承され維持できる。人が継承しなければ技能は維持できないのである。その点、技術は人に関係なく技術であり続ける。このように技術は「能力でない」と言うことが決定的な違いをもたらしていると言えよう。技能は能力であるがために、独自の世界を作り上げているのである。

人間は技能を発展させようとするとき、さまざまな工夫をすると共に全身全霊を傾けるようになる。これは熟練の極致に至るときに見出せる。技を発揮するとき、人の内にあるものすべてを使って行うので、人は自分の能力以外のものを使用しない訳にはいかない。だから、技に優れることは人として優れることと無関係ではあり得ないのである。このように人の成長と技能の発展とは密接な関係があると言える。


技能と技術の違いを整理する
 技能は一般に「経験的に身に付くもの」とか、「伝えられないことが多い」と言う。技能は人間が作り出したものである。これを手がかりに考えると、見えてくることも多い。自然が作り出したものではないのである。国語辞典で「技」を調べると、「技術」の内容と「技能」の内容が含まれていた。かつては「技」という言葉しかなかったために、両者は同一の言葉の中に封じ込められていたのである。やがてこの言葉は2つの内容に分化する。技のうち人の働きや動きに着目した内容を「技能」として行為・能力を表わした。技の表現・伝達・置き換えに着目した内容を「技術」として方法・手段を表わした。もともと技能は実体や具体を表わしたものであり、技術は表現や抽象を表わしている。



 技術と技能のこの違いは技の伝播・流通に決定的な違いを見せる。技を伝達するために生まれた技術は、論文やメモや機械などによって多くの人々に伝達できる。技から離れて客観的なものによって伝達されるため、目で見て再現することが可能である。インターネットで情報のやり取りをする今日、その伝播の速度はきわめて速い。このように、技術は流通が容易である。これに対して、技能は目で見て伝達できないばかりか、伝達の可能性すらもないように見える。人間を介在させて伝承すると言うことから、人がいなければ伝達は難しい。最近ではビデオがあるからそうとは言えないと思うかもしれない。単に映像を収録しただけでは肝心のカン・コツはさっぱりわからない。ビデオはカン・コツを明らかにするツールとして役立つが、明確な意図をもって収録しないと伝えることは難しい。このように流通は困難なのである。



 技能は人間と一心同体、密接不離と言える。したがって、技能は技能者の死と共に消える。また、技能が育つと人間も育つ。逆に人間が育つと技能も育つということができる。技能は伝承がなければ消えるのである。技能というものは伝承によってのみ受け継ぐことが可能になる。そういった特性が技能にはある。
 技術は人間の外にあり、技能は人間の内なるものとしてある。伝達を目的として生み出された「技術」は客観的に表現され記述できる。したがってその流通性は高く、その汎用性は優れている。 これに対して「技能」はきわめて個別的で主体的なものである。人が違えば技能も違うのだ。人が体験や経験を通して学ばないと習得できないという側面をもっている。このような意味で技能は特殊化されており、誰もが同じというようなことはない。したがって技能の流通は困難なものになる。





 さて、技能と技術の根本的な違いはどこにあるかについて検討を進めてきた。最近は技術革新によって多くの影響を受けているが、技能もこの外にはいられない。その内容に大きな変化が見られるのだ。

 最近の技能の特徴はどのようになつているだろうか。かつての技能では最近の技能はこと足りなくなってきている。モノづくり労働を始めとしてサービス労働においても、多くの機械やシステムが導入されることになった。この結果、技能者はそれらの機械やシステムを扱わなければならなくなった。もともと機械やシステムは多種多様な技術が挿入されている。したがって、技能者は技術を理解しなければそれらの機械を駆使できないのである。[技能A]ばかりでなく[技能B]を必要としている。この[技能B]は機械やシステムに挿入された技術がわからなければ操作できない。では[技能A]は不要になったかというとそうではない。これも必要なのである。このように技能者に求められる技能は[技能A+技能B]ということになった。つまり技術を理解した、こなれた技能の持ち主を必要とするようになったのである。ますます技能者と技術者の垣根が不明確になってきたと言わざるを得ない。技能者のための教育訓練の量は飛躍的に拡大したのである。これらの状況に応えつつ新しい展開を図っていかなければならない。



技術と技能と科学
技を表現した方法・手段は科学によって明らかにされるが、技の動きや働きもまた科学によって裏打ちされる。科学というと難しく思う方もいるが、物事の道理や法則性、規則性のことと考えればよい。同じ「技」から出ていることがらの一方が科学的裏付けがあり、他方がないということはとうてい考えられない。技術が科学の助けを借りて拡大・発展したように、我々は技能についてもその力を大いに利用し、その本領を発揮しなければならない。
 技能は人間がもっているものであるから、当然ながら「人間の科学」が必要となる。例えば人間の行動、動作は人間科学に含まれる。技術における科学の主な内容は「自然科学」にあるのに対して、技能におけるそれは「自然科学と人間科学の両方」を含むことになる。

「技術・技能伝承ハンドブック」より転載
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※森 和夫 略歴
職業能力開発、産業教育学・労働科学を専門とし、産業界を中心に活動。ライフワークは「技の上達」、博士(工学)。現在は技術・技能伝承、人材育成等のセミナー・講演の他、企業との共同研究、コンサルテーション、出版活動を行っている。現職は株式会社技術・技能教育研究所代表取締役。
主な経歴は東京農工大学教授(〜2006年3月)、徳島大学教授(〜2004年3月)、職業能力開発総合大学校教授、助教授、講師(〜2000年3月)。学会活動は日本産業教育学会、日本人間工学会、人類働態学会、日本教育心理学会などで活動。海外活動はJICAよりマレーシア、ガテマラ共和国、ボリビア、フィリピンに海外短期派遣専門家として派遣され技術教育の指導者養成を実施した。


※「技術と技能に関する93人の定義」はこちらで閲覧できます。

https://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/files/data/199602/19960215/19960215_main0.html




・・生産を支えるのはいうまでもなく,技術,技能,そして科学である。須藤は「辞書からみた技術と技能」の中で20種類の国語辞典等を調べた結果について述べている1)。この論文では技術は「技の表現」,技能を「技の実行」という対比でとらえることができると結んでいる。確かにこのような記述を認めるにしても,この両面で述べるというのはいかにも国語辞書らしい。なぜなら,私たちの身の回りの具体的な製造の姿に照らして考えると,欠落している内容を多く見いだすことができるからである。私はこの欠落している側面を明らかにして,さらに納得のいく「技術」と「技能」の内容に迫りたいと考えていた。1995年11月,日本の代表的な製造業の地域である愛知県に私は向かった。ポリテクセンター中部で開催される講演「最近の技術・技能とその伝承を考える」が予定されていたからである。私は1つの企てをもって講演に臨んでいた。・・

「技術」と「技能」に関する93人の定義」PDFは→こちら









須藤秀樹「辞書からみた「技術」と「技能」」はこちらで閲覧できます。
https://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/files/data/199501/19950113/19950113_main0.html




 ←こちらも参照ください。


    ←こちらも参照ください。

  



2017年11月7日に名古屋でS&T社主催「技術・技能伝承セミナー」を開催。
「研究開発および製造現場に効果的な技術・技能伝承法~暗黙知の明確化と次世代の育成~」
日時 2017年11月7日(火) 10:00~17:00
会場 名古屋市中村区 愛知県産業労働センター ウインクあいち 11F 1105
■2018年度のセミナーについてはS&T社にお問い合わせください。


技術と技能に関するテーマは「技術・技能伝承ハンドブック」に詳しく掲載されています。→ 目次 
 ■ご注文は → こちら
 Amazonでも注文できます
 →
 こちら

A5版・280頁定価3,675円(本体3,500円+税5%)マニュアルと実例をDVDに収録
■技術・技能伝承を進めるための方法を解説した実務書で、どうすれば技術・技能伝承ができるかに焦点を当てて記述されている
■技術・技能伝承に必要な資材、実例、学習のためのパッケージ、技術・技能伝承マニュアル製作過程の動画をDVDで提供している
■DVDには技能伝承に必要なツールとしてファイル数33本、映像型マニュアルが10本入っている
■伝承すべき技術・技能マップづくりのためのクドバス手法を詳述し、ツールをDVDで提供している
----------------------------------------------------
目次
第1章 技術・技能伝承に取り組む
1 技術・技能伝承の背景
2 高度技術社会の中に生きる技能
3 技術と技能の関係
4 技術・技能伝承の考え方
第2章 技術・技能伝承システム
1 技術・技能伝承推進のための条件整備
2 技術・技能伝承システム
第3章 伝承計画の作成と準備
1 技術・技能マップづくり
2 技術・技能伝承計画の作り方
3 指導のための準備活動
4 能力開発の方法
第4章 伝承マニュアルを作る
1 技術・技能マップから伝承マニュアルへ
2 技能分析でポイントを明らかにする
3 ビデオ利用のマニュアルの作成法
4 動画マニュアル作成の実際
5 テキストマニュアルから映像マニュアルへの変換
6 マニュアル作成の実例
第5章 技術・技能指導の実際
1 技能の上達のプロセス
2 SJTによる技術・技能伝承の実際
3 技術・技能指導の4つの手段
4 技術・技能の種類に合わせて指導を工夫する
5 指導と教育について
6 技術・技能伝承の取組みに向けて
第6章 技術・技能伝承活動の実例
1 東日本トランスポーテック社の技術・技能伝承活動
-本社経営企画部と20営業所の技術・技能伝承の取り組み
2 小出ロール株式会社の技術・技能伝承活動
-久米篤憲氏と小出ロール社が取り組んだ技能伝承活動の軌跡
付録 DVDの内容と使い方
あとがき


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 
関連するページもご覧下さい。
http://ginouken.com/G-KEYWORD.html
  職人の働き方と技能
  カン・コツとは何か
  熟練で獲得したものは何か
    技能の上達のプロセス
  技能分析手法SATの原理
  技能分析手法SATの記載例
  技能分析手法SAT普及の背景
  技能分析手法SATのフォーム
  技能デジタル化の過信
  暗黙知の種類
  暗黙知の階層
  暗黙知インタビューの仕方
  技能研究の方法論
  技能の種類に合わせた指導の方法
    技能研究の4つのアプローチ
  技能の分類

http://ginouken.com/D-KEYWORD.html
  技術・技能伝承とは
  技術・技能伝承システム
    暗黙知を管理する
  モノづくりとは何か
  技術と技能の違い
  技能伝承活動の診断表
  技能伝承で成功する企業の特徴
  技能伝承の危機と克服の仕方
  技能伝承問題は解決したか
  SJTとは何か
    伝承マニュアルの作り方
  動画が有利な内容は何か
  マニュアルのアウトソーシングで技術・技能継承問題はは解決できるか
  技能道場の開発の方法

    よくある技術・技能伝承の問題
    技術・技能伝承活動の評価